スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
2007.6.29
金曜日。6405教室にて。

本日はテキストのD5・D6・D7の文法解説をしました。


~本日の文法事項~

D5より

・非分離動詞前つづり → アクセントなし!

be- emp- ent- er- ge- ver- zer-

呪文「ベエンペンテルゲフェルツェル」

・zum Trinken / Essen 「飲み物/食べ物は」

D6より

・einfach「片道」 ⇔ hin und zurück「往復」

 → 先日の独検4級にも出題されました!

・machen = kosten

D7より

・zu 不定詞  zu + 原型 / 分離前つづりzu動詞部分(←分離動詞の場合)

①名詞的用法

・Nach Deutschland zu fahren ist sein Traum.
 (ドイツへ行くことは彼の夢だ。)

・Er verspricht, fleißig Deutsch zu lernen.
 (彼は勤勉にドイツ語を学ぶことを約束する。)

②形容詞的用法

・Er hat den Wunsch, Fußballspieler zu werden.
 (彼はサッカー選手になるという望みを抱いている。)

・Wir haben nichts zu essen!!  nichts = 英:nothing
 (我々はもう食べるものがない!)←直訳すると「食べるための物をゼロ個持っている」

③その他

1)um + zu 不定詞 「~するために」

・Sie gehen in die Stadt, um einzukaufen.
 (彼らは買い物をしに街へ出かける。)

・Er hat uns angerufen, um uns zum Abendessen einzuladen.
 (彼はディナーに招待するために私たちに電話をかけた。)

2)ohne + zu 不定詞 「~しないで」

・Er arbeitet, ohne zu essen.
 (彼は食事をしないで働いている。)

・Er ging davon, ohne zu grüßen.
 (彼は挨拶せずにそこから立ち去った。)

・不定代名詞
  → 独立して名詞的に用いられる。一度言及した名詞を受け、不特定の人・物を表す。定冠詞型の変化をする。

     m   f   n   pl
1格 einer eine ein[e]s welche
2格 eines einer eines welcher
3格 einem einer einem welchen
4格 einen eine ein[e]s welche   中性1・4格の[e]は省略するのが一般的。

・ただし数えられない名詞のときはm,f,nのeinの部分がすべてwelchになる。

z.B) Hast du Feuer? ----- Ja, ich habe welches.  das Feuer(中性不加算名詞)
    (火、ある?)       (あるよ。)    ↑eは省略しない

・また、否定冠詞や所有冠詞も不定代名詞化することもある(語尾の変化のしかたは同じ)

z.B) Hast du ein Auto? ----- Nein, ich habe keins.
   (車持ってるん?)     (持ってないよー。)

   Ist das dein Füller? ----- Ja, das ist meiner.
   (これ、お前の万年筆?)    (そう、俺の。)

・命令形

duに対しては 語幹 + [e] !  ← du -est型動詞の語尾のeは省略しない z.B) warte! arbeite!

ihrに対しては 語幹 + t !

Sieに対しては 原型 + Sie !


以上!よく確認されたし!☆ ここまでくれば4級文法としては十分です!
スポンサーサイト
【2007/06/30 00:58 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<2007.7.6 | ホーム | 2007.6.27>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toyoneu.blog101.fc2.com/tb.php/54-6a42ef02
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。