スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
そうだ!黄金週間なので映画を見よう!

バティニョールおじさん

フランスにおいてのナチス占領時代を取り扱った映画ですね。
ドイツのナチズムと他国といえばポーランドでアウシュビッツでオランダでアンネフランクが有名ですが、フランスもWW2でねドイツに負けてしまってかるーく占領もされていました。かるーくね。そんな時代のフランスの肉屋の親父さんバティニョールが主人公です。

この映画始まりが重い。
このオッサン運がないらしい。陽気なオープニングソングと共に盗まれるオッサン家のハム、ソーセジ。そして頃同じくしてオッサン家の横のアパートに住むユダヤ人家族が今直ぐにでもこのフランス・パリを出で立ち中立国家スイスに亡命すんと荷物をまとめていたわけだ。しかしこのバティニョールのオッサンが結果的に引き止めてユダヤ人の家族全員強制収容場に連行されてしまったのです。しかもなんやかんやあってしかもゲシュタポ公認の肉屋になった上にそのユダヤ人家族のいたアパートに住むんですよ……そしてアパートでドイツ人将校達をもてなすパーティーをしているとそのユダヤ人家族の末の息子が強制収容場から逃げ出して戻ってきたからさぁ大変!オッサンは家族を引き止めてしまったこともあり罪悪感からか、はたまたWW1の時にドイツ軍に付けられた足の傷の復讐か、その末息子シモンを亡命させるためオッサンは頑張るのです。
みたいな内容です。案外重い時代で重い内容でしたがフツーに映画としてとても見やすく面白かったです。それに小物、風景、洋服等も可愛く小洒落ていて、手入れされた愛らしい自然、そして冴えたセンスはフランス映画っぽくちゃんと考えられていました。

なんでもフランスではメアリを越えたそうです。私はメアリを見たことが無いのでよく分かりませんが……


さてこのバティニョールおじさんはなんとTSUTAYAに行かなくても東洋の図書館にて借りれます!すごい!すごいよ私立大学!無料でDVD貸してくれるだなんて!黄金週間は終わってしまいましたが、どうでしょうか?映画でドイツを見てみませんか?ちなみにこのフランス映画に描かれているドイツ人はみんな肩張っていて規則正しくてドイツ人のステレオタイプまんまでなんだか可愛かったです。




副会長S
スポンサーサイト
【2010/05/05 02:23 】
| ひとりごと | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<サッカーです。 | ホーム | 今年度初勉強会>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/08 22:47】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://toyoneu.blog101.fc2.com/tb.php/231-4d2a2a01
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。