スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ドイツ語文法学習に
http://www.geocities.jp/schoenentagnoch081104/

ドイツ語文法学習にオススメのサイトがもうひとつありました。

ぜひ活用してください^^♪
スポンサーサイト
【2007/04/30 14:19 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドイツ映画 『善き人のためのソナタ』
yokihito.jpg

『善き人のためのソナタ』

http://www.yokihito.com/

1984年、東西冷戦下の東ベルリン。
壁の向こうで、何が起こっていたのか?
ようやく明かされた“監視国家”の真実――。

あの日、聴こえてきたもの。それを聴いたとき彼は、生きることが与える歓びに震える。

 国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼らの世界に近づくことで監視する側である自分自身が変えられてしまうということだった。国家を信じ忠実に仕えてきたヴィースラーだったが、いつの間にかその自由な思想、音楽、文学、生活や愛に影響を受け、今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていく・・・。
 初監督作にして世界で大絶賛を浴びるのは、弱冠33歳のフロリアン・ヘンケルス・フォン・ドナースマルク。歴史学者や目撃者への取材、記録文書のリサーチに4年を費やし、人類史上最大の秘密組織“シュタージ”の内幕を驚くべき正確さで描いた本作は“近年のドイツでもっとも重要な映画”と称賛された。出演は、自身も監視された過去を持つ東ドイツ出身の名優ウルリッヒ・ミューエ。変わりゆくヴィースラーの哀しみと歓びを静かに物語る。また、『愛人/ラマン』や『イングリッシュ・ペイシェント』を手掛けたオスカー受賞者のガブリエル・ヤレドが台本から参加し美しいソナタを提供した。

監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ
2006年/ドイツ

参考:シュタージ - Wikipedia

【2007/04/29 20:41 】
| ドイツ語圏文化情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
日独合作映画 『バルトの楽園』
Balt.jpg

こんばんわ。会長Tです。

今日は先日、副会長からお借りした『バルトの楽園』のDVDを観ました。

松平健とブルーノガンツ、最高ですね^^

個人的に國村隼さんのドイツ語がかなり上手いなと感じました!

ちょっと口の中に音が篭る感じがナチュラルでした。

作品自体もすごくおもしろみのある作品でとても楽しめました。

日独合作の作品がこのようにあることは我々としては大変嬉しく思いますね。

みなさんもいろんなドイツ映画を見てドイツ語を味わってみてください^^
【2007/04/29 20:26 】
| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドイツ映画 『es』
es.jpg

会長Tです。

現在、Gyaoにてドイツ映画『es』(原題『Das Experiment』)が無料放送中です。

ぜひこの機会に一度ご覧になってみてください。

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0034940/

『es』
 わずか7日間で実験中止―それは人格を狂わす禁断の心理実験。1971年にスタンフォード大学で行われ今も実施禁止となり、訴訟問題にまで発展した実験を描いた問題作。監督を務めたのは、『ヒトラー ~最期の12日間~』のO・ヒルシュビーゲル。ごく一般の人が、次第に人格を狂わせていく様子に背筋が凍ります。
 元雑誌記者のタレクは、“被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験”という新聞広告を見て、レポートを書こうと実験に応募する。集められた被験者たち24人は、看守役と囚人役に分けられ生活するように命じられた。しかし、実験開始から1日も経たないうちに被験者たちの態度は次第に暴力と服従に分かれ、実験は混沌とした状態に陥っていく…。

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:ドン・ボーリンガー、クリストフ・ダルンスタット、マリオ・ジョルダーノ
音楽:アレクサンダー・フォン・ブーベンハイム
出演:モーリッツ・ブライブトロイ、 クリスチャン・ベルケル、オリヴァー・ストコウスキ、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
2001年 / ドイツ

参考:スタンフォード監獄実験 - Wikipedia
参考:Es (映画) - Wikipedia
【2007/04/29 03:11 】
| ドイツ語圏文化情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ドイツ語文法の予習復習
オンラインでドイツ語文法の学習ができるサイトを紹介したいと思います。

新入生も上級生も独検受験者も、ちょっとした予習復習にぜひ役立ててください。

① Doitsugo.com

② 南山大学 ドイツ語基礎文法学習

①は文法の練習問題に挑戦できます。

②は文法の解説が詳しく掲載されています。(上級文法は未更新のようです)

ぜひ活用してみてください。


ここからは独り言ですが、1年生は5月の中旬までに、

「アルファベット」 「発音のしかた(ie「イー」, ei「アイ」など)」

「人称代名詞(ich, du, er/sie/es, wir, ihr, sie, Sie)」

「seinの人称変化(bin, bist, ist, sind, seid, sind, sind)」

「定冠詞の格変化(男 der, des, dem, den/女 die, der, der, die/中 das, des, dem, das)」

の5つをマスターしていてくれると、非常に助かります。笑

コツは、人称代名詞とseinの人称変化はセットで必ず覚えること、

定冠詞の格変化はひたすらつぶやくこと!

ぜひがんばってください。^^
【2007/04/28 14:52 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エコを考える
こんばんわ、会長Tです。

先日、私事ながら僕の誕生日でして、自分への誕生日プレゼントを買いました。
eneloopset.gif
三洋電機社製「eneloop(エネループ)」
参考:http://www.sanyo.co.jp/eneloop/index.html

1000回以上充電が可能な充電式電池です。

この商品は日経地球環境技術賞を始めとする様々な賞を受賞している、

循環型社会のひとつのシンボルとして注目されています。

参考:http://www.sanyo.co.jp/eneloop/prize/index.html

僕個人として、スーパーへ買い物へ行くときも、

できる限りマイバッグを持参することにしています。

最近ではマイバッグを持参した人にだけ特典がつくお店も多いみたいです。

僕がよく行くお店も、マイバックを持っていくだけでポイントが加算されたり、

スタンプをもらってそれをためると金券になったりします。

ドイツの環境政策はみなさんもご存知の通り大変有名です。

日本でもぜひ、環境に優しい生活を心がけましょう。

まずはあなたからです!
【2007/04/28 02:11 】
| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) |
ドイツ関連の映画
Guten Tag!
はじめまして、副会長Tです。

映画好きなので、いくつかドイツ関連の映画を紹介します。

☆『ヒトラー~最後の12日間~』(原題:der UNTERGANG)
2004年、監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル、主演 ブルーノ・ガンツ (ドイツ語)
ブルーノ・ガンツがヒトラー役を好演。

☆『ラン・ローラ・ラン』(原題:Lola Rennt)
1998年、監督 トム・ティクヴァ、主演 フランカ・ポテンテ (ドイツ語)
恋人のために、ローラがベルリンの街を走る!

☆『バルトの楽園(がくえん)』
2006年、監督 出目昌伸 、主演 松平 健・ブルーノ・ガンツ (日本語/ドイツ語)
松平健がドイツ語を喋っています。第九は圧巻!

◆『ベルリン 天使の詩』(原題:DER HIMMEL UBER BERLIN)
1987年、監督 ヴィム・ヴェンダース 、主演 ブルーノ・ガンツ (ドイツ語)

◆『サウンド・オブ・ミュージック』
1964年、監督 ロバート・ワイズ、主演 ジュリー・アンドリュース(英語)
オーストリアのザルツブルクで撮影しているので、景色がとても美しいです。

☆マークの映画は私が持っているので、観たい人は声を掛けてください。お貸しします。
◆マークの映画は、大学の図書館にあります。(両方ともLDです。)

また、3月に公開された映画『パフューム ある人殺しの物語』の舞台はパリ・フランスですが、原作者はドイツ人のパトリック・ジュースキント(Patrick Sueskind)です。監督は『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ。原作の『DAS PARFUM, DIE GESCHICHITE EINES MOERDERS』(邦題:香水)は85年に発表されたにもかかわらず、ドイツ国内では未だにベストセラーなんだそうです。こちらの本も持っていますので、よかったら声を掛けてくださいね。

またドイツ関連の映画を見つけたら紹介していきますので、お楽しみに。
【2007/04/27 22:46 】
| ドイツ語圏文化情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007.4.27
金曜日。

今日は6名でランチをしました。

留学生も来ていたので生のドイツ語が飛び交っておりました。

意味がさっぱり分からなくとも、

生のドイツ語を耳にすることは、とても大切なことかと思います。

独特の発音を学ぶもよし、初めて聞く単語を調べるのもよし。

色々な可能性と機会がそこにはあるでしょう。


午後には1年生Sさんにドイツ語の文法を少し手解き。

ドイツ語独特の規則性に溢れかえった文章に驚きを隠せない様子でした。

今年入ってきた新入生はみんなドイツ語学習にとても意欲的で、

それぞれ各人で予習をしたりと、みんながんばっています。

僕ら現幹部が卒業した後も、このneuを守ってくれるであろう、

とても頼もしい後輩たちで、安心しております。


さて、大型連休突入を向かえ、4月の活動は今日で終了です。

今月の目標であった「部員同士の壁の取り払い」も、だいぶできたのではないでしょうか。

積極的にランチに参加してくれた部員の方々、ありがとうございました。

留学生とももう気兼ねなく打ち解けられたのではないでしょうか?

来月から本格的に活動を始めますが、みなさん、がんばっていきましょう。
【2007/04/27 21:57 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
サークル名簿
メールを配信したとおり、現在、学生課に提出するための公式なサークル名簿を作成中です。

4月29日(日)24時までに本年度のneuに正式入部する方は、

「学籍番号」「郵便番号」「住所」を明記の上、会長までメールを返信してください。

返信をもって、入部意思有りと判断し、正式入部、名簿記載とします。

したがって、返信のない方は正式部員と認められませんので、

学生課からの金銭援助の対象からも外れますことをご承知ください。

新入生等、新たにneuに入部するかどうかという方は、

29日まで時間がありますのでしっかり考えた上で返信してください。

また、前年度部員も、本年度も継続して在籍する意思のお有りの方は返信してください。

その意思がない方は、返信をしなくてもよし、また、その旨をメールするのもよし、です。

というわけですので、みなさんよろしくお願いします。
【2007/04/25 22:51 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007.4.25
水曜日。

部員3人でまったりランチタイム。

ドイツの話題に花を咲かせながら。

なんでも、「ドイツ語圏文学文化と日本」という講義が人気らしい。

neuに持って来いの講義ですが、

neuの某部員Tさんは、抽選で落とされたとのこと。^^;

今のところドイツ語圏文学にあまり関心がない僕はその授業を履修する予定はありませんが、

今年履修している1年生に、授業の様子をちょくちょく聞いてみようかと。

ぜひドイツ語圏文学を原文で読めるようになってほしいですね。


さて、4月の活動も金曜日でおしまいです。

いよいよ5月より、本格的なドイツ語サークルの幕開けです。

新入生たちも一生懸命予習に取り組んでいる様子で、

非常にすばらしいなと感じる日々です。
【2007/04/25 22:40 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007.4.24
火曜日。

今日のランチはいたって小規模。

早く本格的に活動したいですね。


今日は夜9時過ぎにサークルの更新手続きガイダンスに出席してきました。

本当は昨日のお昼に出るはずだったのですが、忘れてました^^;

分厚い書類を色々といただきました。;

書類を全てそろえて学生課に提出しなくてはなりません。

サークルの代表というのは予想以上にハードです。


ちなみに、4号館の部室の空きが12室あるそうです。

が、しかし、発足後4年を経過しないサークルは抽選にすら参加できないそうです。^^;

まだまだ駆け出しサークルのneuでした。


でもこのサークルがいつまでも東洋でがんばってくれることを、

僕は祈っております。
【2007/04/24 23:34 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
こんばんわ。会長Tです。

僕の家の近所の桜が、早くも新緑で満ち溢れんばかり。

このあいだニュースで、ワシントンDCの桜並木が取り上げられていて、

アメリカのみなさんもお花見を楽しんでいらっしゃったようなのですが、

ドイツにも桜の木はあるんでしょうかね?

だれか実情をご存知の方いらっしゃいますか?

留学生にも聞いてみようっと。

鮮やかピンクの桜も美しいですが、落ち着く緑の桜もまた美しい。

つくづく、四季、日本というものの良さを感じる日々です。
【2007/04/24 02:14 】
| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
クリスマスバザーの模様
ドイツ語福音教会のクリスマスバザーの様子が写真で見られるサイトがありました。

コチラ

バザーの雰囲気が少しは味わえるかと思います。

もちろん、今年のバザーにもneuは訪問する予定です。

また、ドイツ語福音教会のサイトをリンクに追加しました。

そちらも合わせてご覧ください。

【2007/04/23 23:51 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
新入生歓迎会について
5月12日(土)に予定されていた新入生歓迎会ですが、

1年生の一部が参加できない恐れがあるとの連絡を得ました。

そのため、1週間ほど繰り下げることになるかもしれません。

詳細は第一回目の集まりの際に話し合いで決定しますが、

念のため5月19日(土)の夜のスケジュールも空けておいていただくと助かります。

ちなみにお店ですが、ブログを見ているあなたにはこっそりお教えします。

bekkaraiin.jpg
「ドイツ居酒屋 J'sベッカライ」です。

初めは有楽町のガード下のお店にしようかと思ってたのですが、

そのお店の姉妹店が三田線沿い(内幸町駅から徒歩3分)にあったのでこちらにします。

三田線沿いということで、大学に集合し、みんなで移動できるかと思います。

予算は2000円強を予定しています。

ぜひお楽しみあれ。
【2007/04/23 21:08 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
検索エンジン
当ブログが、ヤフーやグーグルなど、

大手検索エンジンのデータベースに早くも登録されているようです。

早い。笑

「neu」「東洋大学」「ドイツ語研究会」

などの語によって検索可能となりました。

部員の皆さん、当ブログを誰かに教える際、

「検索エンジンでも見つかりますよ」と、一声お掛けくださいませ。

なにせよ東洋サーバーのURLでないため、少々覚えにくいでしょう。
【2007/04/22 23:43 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
新入生へ
放送大学の「ドイツ語入門」のDVD(全15回)

が僕の手元にありますので、

新入生の中でもし、ドイツ語の予習復習に使いたいなという人がいましたら、

僕に言ってくれればお貸しします。

テキストは図書館に入っているので必要ならば借りられます。

DVDは1セットしかありませんので、

先着順に順番にお貸しします。

お気軽にどうぞ♪
【2007/04/22 19:02 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
舞姫
昔、高校時代に国語の授業で見た「舞姫」の映画をふと思い出しました。

郷ひろみ が 豊太郎 を演じてて、

全編ドイツ語の白黒映画だったと思います。(※)

原作とほんの一部異なるところもあるのですが、

内容はほぼ同じで、ドイツでしっかり撮影されています。

高校のときの国語の教科書で「舞姫」を読んだ人が多いかと思います。

ぜひ興味ある方はご覧になってみてください。

若き郷ひろみががんばってドイツ語をしゃべっております。

なかなかうまいドイツ語だったと記憶しています。



※「通行人」様からご指摘を受け、当該作品はカラー版であることが判明いたしました。
訂正いたします。失礼いたしました。
【2007/04/22 18:18 】
| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) |
リンクの活用を
このブログではドイツにまつわる様々なサイトへのリンクを結んでいく予定なので、

みなさん、ぜひ活用してみてください。

各サイトへのリンクは画面左下にあります。

また、おすすめサイトを知ってる人は会長までメールお願いします。
【2007/04/22 12:58 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007.4.21
こんにちわ。会長Tです。

本日は学園祭の説明会があったので出席しました。

そこで、企画は屋外か屋内かという話がありました。

neuではケーキやらソーセージやらを売る予定ですが、

それだけではただの出店。

そこはドイツ語サークルという色を出したいじゃないですか。

そんなわけで、ぜひうちは屋内企画にし、

室内にはドイツ文化溢れる装飾を皆で施そうではないかと!

壁にはドイツのあちこちの写真などを展示したり、

日本における隠れたドイツ文化を紹介したり、

ドイツ語のあいさつを模造紙で張っておくのもよし。

ドイツ一色の一室を皆で作ろうではありませんか☆

ぜひとも皆さんのアイデアの出しどころです。

どうぞご協力あれ。


さて、せっかく大学へ行ったということで、

ついでに図書館にあるドイツの新聞を読んできました。

(東洋大学にはFrankfurter Allgemeineが取り寄せられています。)

それによれば、なにやらトルコのEU加盟が6年以内に実現するとかしないとか。

トルコのEU加盟問題は世界的な問題です。

もし実現すれば、

① EU初のイスラーム系国家の加盟

② EUにアジア地域が入ってくる

となります。

この話題は僕が昨年のドイツ語の授業の中でレポートを書いたので、

個人的に非常に関心のある話題なのです。

僕の個人的な意見としては、それを機に、

異宗教、異文化間の関係改善に繋がってくれればと思うのですが。

しかし、トルコはキプロス問題やフランスとの歴史認識問題など、

解決すべき問題が数多く、そうすぐに加盟!というわけにはいかないでしょう。

ドイツに関連させて申しますと、報道によれば、どちらかというとドイツ国民は、

「ドイツはキリスト教の伝統ある国」との意識が強いようで、

トルコのEU加盟によって欧州地域、つまり自国、ドイツの中にも、

多くのイスラム教徒たちが流入してくるのを嫌う風潮がある、とのことです。

このことについて、火曜日に、neuの留学生の意見も聞いてみようと思います。

若いドイツ人はトルコのEU加盟をどう見るか!

非常に楽しみです。
【2007/04/21 18:40 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
イベント情報
4/21(土)11時~

横浜にあるドイツ人学校にてフリーマーケットが開催されます。

サークルとしては訪問しませんが、

お近くの方、興味のある方はぜひどうぞ。


場所:横浜市都筑区茅ヶ崎南2-4-1 「ドイツ学園」

詳細はコチラをご参照ください。
【2007/04/20 23:42 】
| イベント情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2007.4.20
金曜日のランチタイム。

今日もneuでは新たな出会いがありました。

新入生が2名、新たに参加してくれました。

この2名が正式入部してくれれば、

neuの部員数は14名に達します。

昨年の3倍です。笑

neuはその名の通り、日々新しく生まれ変わり続けています。


夜。

留学生の家での飲み会に参加。

総勢15名くらいだったでしょうか。

東京外国語大学の方々、他の留学生の方々と交友。

こうしてneuも他校との交流が進めば幸いなことです。

今日はドイツ語・英語・日本語があちこちで飛び交い、

neuの部員たちもなかなか刺激的な時間を過ごせたようです。

ありがとうございました。


さて、明日は我が東洋大学の学園祭、「白山祭」の

参加者説明会が予定されています。

neuも今年は学園祭に参加を予定しています。

副会長Tによれば、他大学のドイツ語サークルは、

ケーキを売ったりしているそう。

さて、我々はいったい何をしましょうか?

部員の皆さんのいいアイデアを期待しております。
【2007/04/20 18:11 】
| 活動記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Guten Tag !
Guten Tag !

「ドイツ語研究会neu」の公式ブログをここに開設します。

部員への連絡事項・イベント情報の掲示、

また、活動日誌などとして活用していきます。
【2007/04/20 06:49 】
| 連絡事項 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。